文句があるなら
文句があるならベルサイユにいらっしゃい!ベルサイユに・・!!

ポリニャック夫人が、ロザリーに言った有名な捨て台詞です。
(ベルばらファン限定ってことで有名デス)

ロザリーの気分になって、ベルサイユに行ってきました。

b0018773_2204830.jpg


やっと来たわ!ここがベルサイユね?

b0018773_2211722.jpg

・・・あら?

そう。ここは東京の四谷にある迎賓館(赤坂離宮)です。

普段は非公開なのですが、夏の10日間ほど、一般公開されるのです。
事前に往復ハガキで申し込みが必要(5月頃)

試しにハガキを出しておいたら、見学希望日が当たりました。

下々の平民(見学者)はこちらの門から入ります。
b0018773_2214686.jpg


そうよね~、正面玄関から入れるのは国賓や天皇など、VIP様方ですもんね~。


迎賓館は、明治42年(1909年)に東宮御所として建設され、
その後昭和43年に旧赤坂離宮を改修して迎賓館として国賓をお招き
する施設となったそうです。

平成18年から20年にかけて大規模改修工事が行われていたので、
一般見学も3年ぶりの再開とのこと。

どうりでアチコチがピカピカだったんだ~。って感じです。

館内は撮影NGでした。見学したのはコチラの公式HPに出ている
「彩鸞の間」、「花鳥の間」、「中央階段」、「朝日の間」、「羽衣の間」。

見学者がつけるバッチは・・・
b0018773_222525.jpg


国章である桐紋です。

この桐紋と、天皇家の菊の御紋があちこちに見受けられました。

b0018773_222324.jpg

金ピカなこの扉にも桐と菊があります。

建物内は、どこもかしこもキラキラしていて、建築家ががんばったんだな~と思いますが、
しょせんサル真似としか思えません。

ベルサイユ宮殿やシェーンブルン宮殿等、西洋の宮殿を参考に作られているのですが、
まったく西洋風ならともかく、あちこちにムリヤリ「和風」を取り入れているんです。

それがなんだか「失笑」っていう感じで・・・。

例えば、「羽衣の間」には非常に豪華な3つのシャンデリアがぶらさがっているのですが、

ヨーロッパの工房で作って日本まで運ばれたそのシャンデリアには、よーく見ると

能面のモチーフが飾りとしてついていたりします。

・・・何故ここで能面???・・・てな具合。


さて、建物内を見学した後に外に出ると、

b0018773_2225626.jpg

建物の裏側はこんな感じのお庭になっていました。

いや~、知らなかった。なんか贅沢な空間です。

ちょっと目を遠くにやると

b0018773_2231421.jpg

ニューオータニが見えます。

都会のビルを遠くに見ながら、非日常な空間でした。

b0018773_2241980.jpg


ぐるりと回って再び正面。

屋根の上にはよーく見ると・・・

b0018773_2243848.jpg

なんだよ~??このセンス!

屋根に甲冑のせてどーするんだよ?って思ってしまいます。

b0018773_225966.jpg

こちらは謎の球体。

b0018773_2253349.jpg

金ピカ~♪

b0018773_226599.jpg

四谷駅からすぐ近くにこんな場所があるんですね~。

敷地の内側から見るとこんな感じ↓なのです。

b0018773_2265270.jpg

[PR]
by love-andy | 2009-08-07 22:12 | おでかけ
<< 東京湾大華火祭(2009) ぶらりお散歩 >>