地震こわかったです~!
3月11日のその時、オフィスビルの館内一斉放送にて突然の

「緊急地震速報」の放送が!

たまーにこういう館内放送があっても、実際には微妙な揺れ。というのが定番であったため、「今日はどうなの~?」って雰囲気でした。

とはいえ、先日のニュージーランドの地震のこともあったので、とりあえず携帯電話はすぐ持ち出せるようにと手にとっていると、最初は下からくるような小さな揺れが。

上司と「緊急地震速報、あたりましたね~」なんて話していたら、揺れがだんだん大きくなり、ビル全体がきしみ音を立てて横揺れを始めました。

みんなが職場から配布されていたヘルメットを取り出し、机の下に入る準備開始。

誰かが出口確保もしておいたほうがよいのでは?と揺れてる中、男性社員がドアを開けるのを見ていると、廊下の向こう側のエレベーターホールへの扉が閉まってる!

「だれか閉めたんですか?」
「自然に閉まったみたい~」

え?自然に閉まるような事態なの?
やばくない?

まだビル全体の揺れはおさまりません。

「外、外に行かなきゃ!」
といった同僚の一人は阪神淡路体験者。
この体験者の後についていかなきゃ!と、バックとヘルメット片手に非常階段を5階から1階まで一気に駆け降りました。

外に出ても、まだ地面が揺れているのを感じました。

屋外で地震を体感するなんて、初めてのこと。

他の階のひとたちや、周りのオフィスビルからもどんどん人が出てきました。

が、職場の人が誰も降りてこない・・・。
確か、避難訓練では集合場所に集まって点呼じゃなかったっけ??
これじゃ、我々がただの職場放棄&サボリ状態??

しかもエレベーター止まったままだから、オフィスに戻るのも階段を上らないといけません。

そぉ~っと席に戻ったら、皆さん、ヘルメットかぶったり、手に持ったりしながらも、メールやネットで情報収集。中には普通に仕事してる人もいました。

こういうときの、避難マニュアルって

・揺れがおさまるまで、その場で机の下などに入って、安全確保

・揺れが止まったら、指示に従い避難。


なんですよね~(汗)

でも最初の緊急地震速報で、ほんのちょっぴりでも心の準備ができていてヨカッタ。

(テレビなどで流れていたその後の速報の数々は、計測器の不具合などで正確性は不十分だったものもあったようですが・・・)

その日はなんとか歩いて帰宅。
途中、スーパーでお弁当でも買って帰ろうかと思っていたら、売り切れ状態でした。

パンやレンジでチンするものはまだたくさん売っていたので(→これも翌日行ったら、すべて売り切れ)とりあえず、水だけ買って帰りました。

アンディは無事でしたが、その日はいつもしないパンディング状態になったりしていたので、精神的にかなり不安定だったのだと思います。

余震はまだまだ続いていて、とにかく不安~~。
[PR]
by love-andy | 2011-03-13 09:40 | 雑談
<< パエトーン ラーメン >>