去勢しました!!!
アンディ、ついにオカマになりました。

以前から、片睾丸といわれていて、「去勢」という問題はとても気になる案件でした。

もちろん片睾丸でも、元気に過ごしている子もいますが、
反面、手術することが病気予防ということであれば、やってあげたい。

悩みどころですね。

で、思い切って先週末に病院に予約を入れました。

前日の夜はもう落ち着かないたまぶーでした。

去勢手術は全然珍しくない処置ですし、センセイも何回もやっている手術でしょうが、
アンディにとっては、大事件です。

「よし、手術の前に、タマの写真でも撮っておくか・・・」なんちゃって。

当日の朝は、ゴハン抜きと言われていました。

アンディは何故、今朝にかぎって、何ももらえないのか理解できていないので、
クゥ~ンとか、めずらしくかわいく鳴いちゃったりして。。。

朝の開院時間とともに、病院に預けて仕事に向かいました。

全身麻酔は、抜歯の時にも経験していることですが、
なんだかソワソワと落ち着かない1日でした。

片睾丸の去勢手術の場合は、お腹の開腹手術となるため、
病院で1泊することになると言われていたのですが、
とりあえず、夕方、様子を見にいく予定にしていました。

で、行きましたよ。
仕事が終わって、ダッシュで病院にいくと・・・

センセイ「片睾丸じゃありませんでした」

な、なにぃ~?

血だらけのガーゼに包まれたブツを持ってきて、
「見ますか?」

たまぶー 「はい。」
(そりゃモチロン見るよ。ってか見せろよ!)

どうやら、アンディのタマのひとつは、とても小さくて奥に
隠れるようにくっついていた模様です。

結局、開腹手術をしなくても良かったので、そのまま帰宅できることに
なりました。

一応、記念に(?)摘出したブツの写真を撮らせていただき、お会計。

「28,875円です」

おっと、倒れそうになったよ。
ふんばりましたが・・・。

軽くなったお財布と、グッタリしたアンディとともにウチに戻りましたが、
やはり様子はいつもと違って、じっと横になっています。
やっぱり痛いのでしょう。

そっと股間を確かめると、術後の傷跡が痛々しい様子でした。

ところで、病院から帰る前に、ここ最近気になっていたことをセンセイに質問してみました。

たまぶー 「両耳の下あたりに、ちょっとシコリみたいのがあるようなのですが。」

センセイ 「・・・毛玉です。とっときましたヨ。」

赤面。。。

************************
【本日の犬貧乏度】
★★★★★
診察料  1,500円
血液検査 2,500円
血清生化学検査(7項目)4,200円
尿検査  1,800円
心電図  3,000円
静脈留置 2,500円 
去勢手術、麻酔 12,000円
消費税  1,375円
合計  28,875円

手術本体価格より、検査料などの合計のほうが高い内訳です。
東京は物価が高いなぁ~(涙)

b0018773_04257.jpg

[PR]
by love-andy | 2005-03-17 23:47 | dog
<< 第一回韓流まつり 再び犬にヅラ >>