酵素風呂
夕暮れの赤坂の住宅街を、眉毛のないオンナが二人、うつむきがちに歩いていた。

彼女たちの行き先は・・・巣鴨酵素風呂(赤坂店)

そう。今日、たまぶーは赤坂にある「巣鴨酵素風呂」に行ってきました。

酵素風呂とは、ヒノキのおがくずに米ぬかを混ぜて自然発酵させている中に、15分間埋められてホカホカになるという、
あの酵素風呂です。

周りは閑静なマンションなどが立ち並ぶ一角にあるビルの中に入ると、そこはちょっと異次元・・・ってか、
超庶民的な雰囲気が広がっていました。
店の中には、今までここを訪れた芸能人の写真なども飾ってありました。

お代は2500円(他、タオル代300円)

まず、入り口で渡されたタオル、ガウン、デカパン、シャワーキャップを手にロッカーに向かいます。

着替えてから、カーテンの向こう側にいくと、そこには大きな木の箱がどぉぉーんとありました。

既に誰かが埋まっています。発掘しそこなったミイラのようです。

そうしている間にも、お客は次々とやってきます。(要予約)

いよいよ、たまぶーも埋まるときがやってきました。

ガウンを脱いで、デカパン一丁、頭にはシャワーキャップとヘンテコな格好になり、オガクズの上に横たわると、お店のオバチャンが手際よくオガクズをかけてくれます。

ううう、あったかぁぁ~い♪

顔面に布を被せて、目の部分にもオガクズをかけます。

この状態でまず10分、それから更に5分とオガクズに埋もれたまま、じっとしています。
ヘタに動くと、そこが熱くなるので、とにかくじっと15分が過ぎるのを待ちます。

15分でタイマーが鳴ると、オガクズだらけになりながら、そぉっと木の箱から脱出するのですが、全身オガクズまみれなので、まるで揚げる前のとんかつのようです。

ブラシでオガクズを払い落としてから、シャワーを軽く浴びた後は、ゆりっこ(金魚運動の健康器材)の出番です。

簡易ベットが何台か並んでいるところで、先客の方々が既に「ゆりっこ」しています。
無言で、フトンをかぶって足をゆらしている様子はこれまた異様・・・

そしてたまぶーも「ゆりっこ」仲間に加わります。

ゆらゆらゆらゆらゆら・・・

「ゆりっこ」が終わって、ゆっくりお茶を飲んで、メニューは終わります。

ホカホカになってから、お店を出ると、なんだかキモチがいい感じ~。

のども渇いたことだし、さぁ、ビール!

せっかく身体の中の毒素を出したのに、これじゃダメダメおとなだなぁ~って反省。。。

b0018773_2329615.jpg

[PR]
by love-andy | 2004-11-03 23:28 | 雑談
<< 当たっているのかなぁ? 名前って・・・ >>