エリザベート
「エリザベート」を久々に観てきました。

配役はコチラ
b0018773_18372716.jpg


武田真治のトートを観にきたんですけど、いや~、なんていうか・・・。

ちっちゃい。。。

小さいって事は、見る前から分かっていたし、舞台上もそれを計算した衣装
なんだろうけど、やっぱり物理的に小さいものはどうしようもない。

そもそもの「黄泉の帝王」という設定にしちゃ、小粒すぎ。

加えて、肝心の歌も、ビジュアル系ロックスターかよ!って感じでした。

(歌に関しては初期のウッチーも、観客はハードル低くして観てたけど)

Wキャストの山口トートが
「皆の者、俺の歌声を聞くがよい」的に歌い上げるのと対照的。

この作品の中で一番好きな曲「闇が広がる」でも、ルドルフ役の伊礼君、
ちょっと音量おさえてる?みたいな、物足りなさ。

とはいえ、トートとしてどんな動きをしてるの??って思わずどんなシーンも
観てしまうのですが。。。

武田トートがアリなの?ナシなの??と問われれば、微妙ながらも
アリかなぁ・・・??と思ってしまうのは、なんといっても

ビジュアルが美しいから!!!

ヒロインのエリザベートがおばちゃんに見えちゃうくらい。

なんだか、常にナルシストなトート閣下でした。
[PR]
by love-andy | 2008-11-09 18:38 | 雑談
<< 今日のランチ わんこ用ハンガー >>