カテゴリ:おでかけ( 42 )
ハワイ回想録その10
ハワイでの観光も今日がラスト。

b0018773_23205634.jpg


朝食は昨日のうちにスーパーで買っておいたベーグルを軽く食べてから、
19号線を北に向かって走り、ワイコロアというところにある
キングスビレッジに向かいました。

このあたりは、高級ホテルやらゴルフ場やら、ショッピングモールがあったりと、
ステキなリゾートな香りがぷんぷんしてます。

(・・っていうか、予算次第ではモチロンこっちのほうに泊まりたかったよぉ・・・)

泊まれないホテルを見に来たわけではなく、お買い物をしにきたわけでもなく、
我々はペドログリフを見に来たのです。

b0018773_23212143.jpg


ペトログリフとは、文字を持たなかった古代ハワイアンがパホエホエ(溶岩)の上に描いた古代アートです。(ハワイ諸島に限らず、南太平洋一帯に分布する岩石彫刻)

b0018773_23214111.jpg


お昼はあまり時間もなかったので、ビックアイランドグリルにて。

b0018773_2322786.jpg


マウイ島のチーズバーガーパラダイス(→有名なバーガー屋)で食べられなかったので、
ここでチーズバーガーをオーダー。

む?それにしても思ったより小さいぞ?
もしや、日本の感覚よりアメリカンサイズの感覚になっちゃった?


さて、午後はリュックにフリース、マフラー、ホカロンなど冬装備を詰めて、いよいよマウナケア山頂を目指す太公望さんのツアーに参加。
迎えにきたバンの乗客は我々も含めて13人。

四輪駆動の車に乗って、でこぼこの200号線サドルロードを走り、マウナケアに向かいます。

マウナケアは標高4205mで、富士山やハレアカラ山より高い為、酸素不足による軽い高山病にかかる場合もあるそうです。

途中、オニズカビジターセンターにて休憩と早めの夕食。
(オニズカさんとは、1986年に起きたスペースシャトル「チャレンジャー」号事故で亡くなった、ハワイ在住のオニズカ大佐のこと)

b0018773_23222663.jpg


ここで体を慣らして、更に高い頂上に向かうのです。

あ、あれ??

なんか目が見えにくい・・!!
コンタクトをはずした感覚ともちょっと違う。

頂上に行くにつれて空気が薄くなるので、筋肉の動きがにぶくなり、
目が見えにくくなるのだそうです。

ここにも高山植物のシルバーソードがありました。

b0018773_23224323.jpg


古い火口の後がクレーターのようになっています。

ああ、地球も星なんだなぁ・・・という光景。

b0018773_23231286.jpg


今まで海外旅行に何度か出かけて、人間の作った色々な遺跡や建築物を見てきましたが、何より感動。

この山頂には、日本の「すばる」を始め、各国の気象観測台がずらり。

b0018773_23233516.jpg


なぜここに、たくさん集まっているかというと、
晴天が多い。
大気が安定している。
夜空が暗い etc・・・など様々な条件をクリアしている場所だからだということです。

又、ハワイ原住民にとっても神聖な場所でもあります。

b0018773_2324316.jpg


山の上に小さな祭壇みたいのがあります。

そういえば、富士山の頂上にも神社がありますよね。

マウナケアの山の影が、雲の上の大気に映っています。

b0018773_23253294.jpg


サンセット

b0018773_2326057.jpg


寒いので、ツアー会社の貸してくれるジャケットと手袋着用。

b0018773_23261726.jpg


日が沈んだ後は、場所を変えていよいよ星空観察。
三脚なしではとても夜空は撮影できないので、ここからは写真なし。

南十字製をはじめとして色々な星が見えました。

流れ星も何回も見ました。

人工衛星も見えました。

プラネタリウムでしか見たことがない、天の川もクッキリと見えました。

東京では絶対に見えない光景が広がっていて、それはすばらしいものでした。

もう、感動~!!

まだ文明がそんなに発展していなかった頃は、こんな夜空が普通に地球上のどこでも見えていたのかもしれない。

星空はいつでもそこにあるのに、大気の汚れや、夜を照らす様々な明かりで、
人々はこの光景を見ないようになってしまったんですね。。

そして、そんな星の光も、何万光年、何億光年向こうの世界の輝きが、はるか遠い地球にやっと届いているだけのことが、どうしてこんなにも美しいのか・・・。

そんな何万光年前の過去の輝きを今、ここで見上げて、宇宙を感じるひととき

テレビCMじゃないけど、コーヒーでも飲みながら、いつまでも見ていたい、そんな夜空。

今回の旅の目的を最後にやっと達成。

あー、満足。

ハワイに滞在した、たった5日間に、ハワイの・・・いや地球の美しい姿を何度も見て、
美しい星空を見て、地球に生きているすばらしさを体感した気分になりました。

エセ・エコロジストの誕生です。

地球を大事にしなくちゃ!





そんなたまぶーは、今、TOKYOの暑さに負けてエアコンをがんがんつけて
地球温暖化に貢献しています

とほほ。。。
[PR]
by love-andy | 2006-07-14 23:29 | おでかけ
ハワイ回想録その9
翌朝は、またまた早起きでAM5:30・・・。
毎日睡眠不足です。

この日は、マウイAM8:50発の飛行機でハワイ島に向かいます。

この島間の移動時間はとても短いのに、ハワイアン航空やアロハ航空の便ではなかなかちょうど良いのがないうえ、下手すると、マウイ島→(ホノルル経由)→ハワイ島なんていう便もあります。

今回の移動にちょうど良い便として、アイランド航空を選んだのですが・・・

こんなプロペラ機だったりします。

b0018773_0435339.jpg

(↑これもWAIWAIワイドで撮った写真です。自分でカメラ持って撮ったにしては、
後ろまでバッチリ写ってます)

このちっちゃい飛行機でヒトッとび!でハワイ島に無事到着~!

午前中でしたが、ホテルにチェックインできたので、そのまま荷物を部屋に放り込んで、
キラウエアまでのロングドライブ開始です。

ハワイ島って、別名Big Island(ビックアイランド)と呼ばれるほど大きいのです。
これは車で走っていて実感。

b0018773_0441821.jpg


ハワイ諸島全般が火山で出来た島々なのですが、その中でも現在、もっとも火山活動が続いているのがこのハワイ島です。

1本道のようにずっと続く11号線を走っていくと、コーヒー園がたくさんある場所を通っていきます。
このあたりは、地図でみると、いろいろなファームがコナ・コーヒーベルト沿いにあるはずなのですが、いまいち見つけにくい・・・。

とりあえず目立つファームに入ってみました。

b0018773_0444120.jpg


中に入ると、売店のほか、試飲コーナーには色々なフレーバーのコーヒーがずらり。
もちろん100%のコナコーヒーもあります。

とりあえず片っ端から飲んでみたり、ついでにお菓子の試食もしたり・・・。

売店のおねーちゃんたちは、ペチャクチャとおしゃべりに夢中で商売ッ気なしの様子でした。

b0018773_045110.jpg


更に道をひた走り、

b0018773_0451910.jpg


キラウエアのボルケーノビレッジにある、「Lava Rock cafe(ラバロックカフェ)」にてランチ。

b0018773_0453732.jpg


ボリュームありすぎのタコサラダ。もちろん完食なんて到底ムリ!

お腹もイッパイになったので、キラウエア観光開始です。

とにかくスケールが大きい~というのが第一印象。

b0018773_046291.jpg


直径900mのハレマウマウの火口。

何もかもが巨大。そして、地球は生きているとそのパワー感じることができます。

いや、実際、ちょっと感動。

さて、このあたりをぐるりと回る道路沿いにサーストン・ラバ・チューブというところがあります。

溶岩が通り抜けた後が冷えて、やがて空洞のトンネルのようになったところなのですが、数ヶ月前にテレビで見た「スピリチュアルジャーニー」という番組で、「オーラの泉」でも有名なスピリチュアルな世界にいっちゃってる江原啓之氏が、ここを「パワースポット」の一つだと言い、女優の安藤加津さん、タレントのはしのえみさんが

「うっそー!オーラが見えるぅぅぅ!!」

と騒いでおりました。(ホントかなぁ?)

ミーハーの我々としては、こりゃ行くしかないでしょう。

ってことで、

b0018773_047289.jpg


入り口付近は、シダ類やらなにやらで熱帯な雰囲気。

中に入ると、鍾乳洞っぽい。

b0018773_047255.jpg


そして、肝心のオーラは

・・・見えませんでしたよ。

江原氏がそばにいないと、オーラが見えないのか、
地球のパワーを感じ、オーラを見るには、邪念が多すぎるのか。。。

っていうか、この洞窟の中のオレンジ色の電灯の中で、自分の手を見つめていると、

何かが見えるような気がしてくるんですけど、これってこの電灯のせいではないでしょうか?というのが、たまぶーとO嬢の結論でした。

洞窟の中で、ちょっとは心を落ち着けて、軽い瞑想してみたんですけどね。
どうもこのオレンジ色の光のせいで、目がチカチカしちゃって・・。

b0018773_0475184.jpg


オーラはあきらめて、キラウエアの山から海岸までの道をずっと下っていくと、今まで流れた溶岩が黒く固まっている様子がよく見えます。

この黒い部分がかつては赤くドロドロした溶岩だったと想像するだけで、どきどきします。

b0018773_0481697.jpg


今回は、既に固まった溶岩しか見ることはできませんでしたが、

b0018773_0483651.jpg


遠くでは、溶岩が海に流れ落ちて水蒸気がもうもうとしている様子が見えました。

「すごいねー」の連続です。

次回は(→っていつ??)は、是非ヘリコプターとかで上空から見てみたいと思いました。

b0018773_049940.jpg


そんな何もかも焼き尽くすような溶岩が固まったあとでも、植物は芽を出していくんですよね。
自然っていいなぁ。

気がつけばもう夕方、明るいうちにカイルア・コナに帰れるかな?と思っていましたが、甘かった。

真っ暗で外灯もない道(一応、道路には反射板が埋められてます)をすげースピード出して運転するO嬢の隣で、たまぶー、少々ビビッてました。

運転してる本人はケロリとして、

「あら、静かだから寝てると思ったわ」

・・・寝てねーよ!

猛スピードで、コナに戻って夕食。

b0018773_0492988.jpg


マウイの「ババガンプ」でエビ祭りをしてきたのに、やっぱりここでもエビ。

b0018773_0494859.jpg


Waluというお魚の料理。

b0018773_051351.jpg


オーシャンフロントのロケーションにあるレストランでしたが、真っ暗で海なんか見えず・・・。
あらら~??
[PR]
by love-andy | 2006-07-13 00:54 | おでかけ
ハワイ回想録その8
ロミロミマッサージでまったり♪した後は、再びS夫妻と合流。

さて、マウイ最後の(・・・といっても3日間しかいなかったけど)ディナーはどうする?

また有名どころのレストラン?
それとも、ジモティーが行くようなレストラン??

どうせなら、夕陽を見ながらBBQしよう。

というS嬢のステキなアレンジで、ラハイナからちょっと北に行ったところにある公園に行くことになりました。

週末になると、ロコはこんな公園でBBQを楽しんだりしているようで、ビーチ沿いにはこういう公園がたくさんあるみたいです。

b0018773_2125641.jpg


水道やシャワー、トイレも完備。

b0018773_2125262.jpg


「あ、ワタシ、アメリカの牛は食べないから!」

というたまぶーのワガママにより、本日のお肉はチキン。

b0018773_2125423.jpg


さぁさぁ!どんどん焼いてくださいな!

そうやっていう間にも、夕陽がどんどん海に沈んでいきます。

b0018773_212618.jpg


ところで、今回旅行に持って行ったレンズは普通の18-55mmにしたのですが、出発前に見つけたwaiwaiワイドという使い捨てカメラ。

ご存知の方も多いと思いますが、コレなかなかのスグレもの!

普通のカメラだと標準的に35mmなのですが、これはなんと17mmの広角レンズがついてるのです。

自分撮りしても、ちゃんと後ろの背景まで撮れるので、たとえば外国で
「すいませーん、シャッター押してください」
って言わなくてもOK!

b0018773_21261833.jpg


ほらほら、こんな後ろまで撮れちゃう。

デジカメに慣れてると、すぐ撮った画像が確認できないのがつらいところですが、三脚立てて、タイマーで撮らなくてもみんなの写真が撮れますよ。

b0018773_212876.jpg


早朝、っていうか真夜中出発して、ハレアカラの山頂で寒さに震えながら見た太陽が沈んでいきます。

b0018773_21283433.jpg

[PR]
by love-andy | 2006-07-11 21:30 | おでかけ
ハワイ回想録その7
超寒いハレアカラの頂上からパイアまでの道のりを自転車で下った後、チェックアウトのために大急ぎで荷物をまとめました。

「ロコ(・・・といっても日本人)の家に泊まらせてあげるよ」

とのS氏の申し出に、

「おおー!泊まらせてもらうぞ!」

ということで、マウイ最後の夜は、S夫妻のお宅におじゃますることにしてました。
1泊分のホテル代も浮くし(→せこい・・・)

ここでまたマウイの地図登場~。

b0018773_13134484.jpg


この日の午後に行きたいのはラハイナ
が、S夫妻のおうちがあるのはワイルクというところ。

我々が泊まっていたホテルがあるのはキヘイという場所なので、直接ラハイナに向かうほうが近いのですが、スーツケースを車に積んだままでは行けないので、まずワイルクに向かい、荷物を置いてから、大急ぎでラハイナに。

またなんでこんなに急いでいたかっていうと、14時にマッサージの予約していたんですよ。

場所はレイスパ(leispa)というショップの中に併設されたサロンです。

b0018773_1314875.jpg


午前中のアクティブなダウンヒルの疲れをマッサージで癒してしまおうという計画です。

もうスケジュールきつっ!

色々なメニューがあるなかで選んだのは

Pohaku(ポハク)というもので、ホットストーンを使うロミロミマッサージです。

b0018773_13143098.jpg


あらかじめメールにて予約していたのですが、その返事として

「予約受けました。たまぶーはロジャーが、O嬢はマドレーヌが担当します」




ん?? ロ、ロジャー? ・・・オトコか。

(欧米では、こういうセラピストに男性がいるのは当たり前。
どうしても女性の施術を受けたい人は、予約の際に、「女性希望」と言えば大丈夫です)

マウイのガイドブックに出ていたあのオッサンかなぁ???

と思っていたら、やはりそうでした。

個室に案内されると、

「んじゃ、パンツ一丁になって、シーツかぶってうつぶせで待っててね!」

b0018773_131541.jpg


ハイハイ。
もうね、(一応、嫁入り前だけど)羞恥心なんてどーでもいいのよ。
(いや、どーでもよくないけど・・・)

アロマの香り漂うお部屋で言われたとおりに、待ってましたよ。

そして・・・

スーツケースだの重い荷物を持ったり、ダウンヒルの自転車でチョッピリ緊張したりで、肩がバリバリに凝っていたせいか、肩甲骨周辺を集中的に攻められたり、腕だの足だの揉み揉みロミロミ・・・。

あああ、至福の時~!!

思わず、ヨダレが出ちゃいそうになっちゃいましたヨ。

b0018773_13154922.jpg


そんな極楽気分、夢心地な90分はあっという間に終わってしまいました。

別室で施術を受けていたO嬢も、魂が抜けたような顔して戻ってきました。
同じく極楽からの帰還だと思われます。

b0018773_13163159.jpg


お店の中には、レイスパオリジナルの商品などが並んでいます。

ゆっくり見ていると、あっという間に午後4時。
[PR]
by love-andy | 2006-07-09 13:17 | おでかけ
ハワイ回想録その6
ハワイ3日目!

この日はAM2時半に送迎の車が来る予定なので、1時半ちょいすぎには起床です。

「朝」っていうより「真夜中」だよ。。。

夕べはがんばって(?)8時頃には消灯するという、イマドキ子供だって、こんなに早く寝ないよーといった時間に寝てまで出かけた先は・・・。

b0018773_2214561.jpg


すげー寒い山の上・・・。

到着した頃は、真っ暗だったのが、だんだん空がオレンジ色になってきて・・・

ハレアカラ山頂上にて、日の出待ちです。
(ここで日本から持ってきたホカロン登場~!)

風がぴゅーぴゅー吹いているせいか、とにかく寒い!!
一応、フリース着てるんですよ?

それでもじっと立っていると、ガタガタ震えます。

ここって確かハワイだよね?

b0018773_222119.jpg


あああ、寒いから早く早く!

b0018773_2223124.jpg


地球ばんざい!な気持ちになります。

周りが明るくなって、気がつくと頂上の駐車場はすごい車の数、そして人も多いー。
みんなが寒さに震えながら、おごそかなサンライズを見つめていました。

b0018773_22101640.jpg


太陽があがると、青い空が。

山の下には雲海が見えます。

さて、駐車場では、サンライズを見終わった人たちがどんどん山を降りていくのですが、
我々はまだ出発しません。

b0018773_2232492.jpg


ん?これは??

b0018773_2234592.jpg


ハレアカラサンライズ&ダウンヒルツアーです。

ハレアカラ山は標高約3000m(富士山より700m低いくらい)という高さの山ですが、富士山と違って頂上まで舗装道路がちゃんと整備されています。

ダウンヒルツアーとは、この一般道路を自転車で降りていくというツアー。

使用する自転車は慣れないせいか、ちょっと乗りにく~い!!

もちろん自転車は下り専用の特別なブレーキ仕様ではありますが、途中、ガードレールがない場所があったりして、ウッカリすると崖から落ちちゃう~。

ツアー参加時には「万が一の事故が起こっても自己責任」という書類にサイン。

b0018773_2241047.jpg


そんな物好きたちが、100人以上、あちこちのツアーバンに乗ってやって来ています。

b0018773_2243320.jpg


頂上からクネクネのヘアピンカーブをひたすらチャリで下ってPAIAという街を目指していきます。

b0018773_2253632.jpg


ツアー会社から手袋・ヘルメット・上下の防水ジャケットみたいなのを借りて着用。
(↑こんな格好したヤツラが何人も一列になって、猛スピードで山を下るのです)


b0018773_2255244.jpg

↑イメージ画像。

ツアーガイドを先頭に一列になってひたすら進むのですが、このまま行くと周りの絶景もろくに堪能できずに、道路の黄色いセンターラインばかりを見つめていることになるのでは??

それに・・・

写真を撮るヒマもな~い・・・ (←これ不満)
(カメラなど身の回りの荷物は、イチバン後ろを併走するバンの中に置いています)

むむ?これでツアー料金150ドルかっ!!!

いやいや、スピード感も楽しむのはモチロンだけど、せっかくの景色も楽しまなくっちゃネ!

あ、さわやかな松の香りがただよう所!

あ、お花がいっぱいのクラ!(地名)

ブレーキ!
ブレーキ!!
ブレーキ!!!

そしたら、途中の休憩ポイントで、たまぶーが最前列になるように言われました。
(最前列の人がそのツアーでイチバン遅い人)

よしよし。
んじゃ、ワタクシのスピードにあわせてくれるわけね。

じゃ、もっとゆっくり行こうよ。うふふ。

・・・ってあれ~???

おい!コラ!!そこのガイド~~ッ!(たまぶーの心の声)


途中のマカワオという街に到着。ここの「ポリス」というメキシカンレストランにて朝食。

b0018773_226201.jpg


もうだいぶ暑くなってきたので、ここからは軽装で。

いままでの山道と違って、だんだん街中のコースになってきたのですが、観光するわけでも写真を撮らせてくれるわけでもなく、やっぱり突っ走り。。。

b0018773_2264666.jpg


終点のパイアに到着~。

b0018773_227434.jpg


さっきまで極寒の頂上にいたのに、今はもう常夏の島ハワイな風景。

上から下まで約60kmのコースを自転車で降りてきたわけです。

ここで自転車を片付けて、終了。

ホテルに戻ったのは、AM11:30頃。

今日の午前中は長かったよ。。。ってな気分。
[PR]
by love-andy | 2006-07-05 22:10 | おでかけ
ハワイ回想録その5
マウイ2日目、AM6:35には、送迎のバン迎えにくるというので、5:30に起床。

うぅぅ、眠いよぅ~。

もちろん夕べは早めに就寝しましたが、いやはや、これからの寝不足の日々の始まりって感じです。

プリンス・クヒオ号という大きなシュノーケルボートに乗って、モロキニ島へシュノーケリングツアーに参加してきました。

この日は、割りとすいていた様子で、約140人定員の船で、お客は50人弱。
ちょうど船内でゆったり過ごせる人数でした。

モロキニ島は、マアラエア港というところから、約40分くらいの所にある小さな無人島です。

b0018773_22512176.jpg


三日月形をしているこの島は、火山の火口の一部が海面に出ている状態になっているものです。
(保護されているので、上陸不可)

周りの海の透明度がすばらしいので、ダイビングや、シュノーケルツアーにとても人気があります。

船にのると、日本人と外国人に分けられて、日本語と英語で色々な説明を聞きます。
それから、飲み物とマフィンや果物といった朝食を取ります。

いろんなサイトを見ていると、

「船が揺れて、すっかりゲーロゲロ」

・・・みたいな意見が多かったので、念のために酔い止めの薬を飲んでいったのですが、
全然揺れを感じないし、気持ち悪くもなりませんでした。

あっという間に、モロキニ島に到着です。
既に他の船も到着していて、次々と海の中に入っていく様子が見えました。

あらかじめ渡されていたシュノーケルマスクと足ヒレを装着し、さぁ!レッツゴー!って。。。





いや、じつは、たまぶーはカナヅチなのですよ。
お恥ずかしい。。。

ヌードル(浮くための道具)だけじゃ、心もとないので、大きなビート板みたいのも借りてみました。

どぼーん!

b0018773_2253721.jpg


ひぇぇぇぇぇ~!!!

こわいよぅ~!

・・・あ、あら?意外と平気かも?

海の下をのぞいてみると、

b0018773_22533185.jpg


水がとても透明なので、海底がよぉく見えます。
気持ちいい~。

ちょっと海面近くに目をやると、

b0018773_2254422.jpg


色んな人たちが、海面でジタバタジタバタ!(→人のことは言えない)
そのすぐ近くをお魚たちがスーイスイ。

再び、海底に目を戻してみると、

b0018773_22544370.jpg


う、うわー!誰だ?お前??

実は、船のスタッフの人で記念撮影を撮りまわっていました。
あとで、船上で売りつける写真用にね。

写りが良かったら、買おうと思っていたのですが、しょーもない写真ばかり・・・。

b0018773_2255335.jpg


ゆっくりシュノーケリングを楽しんだ後は、一度船に上がって、今度は海ガメがいるというポイントまで移動しました。

海ガメはいましたが、海底でほとんどじっとしているので、写真に撮れず残念!

船には昼食も用意されていて、自由な時間に食べることができます。

海ガメポイントから上がった後は、お腹もペコペコ。

b0018773_22551787.jpg


色々な種類のハムやチーズ、ポテトサラダ、野菜類が並んでいて、自分で好きなようにサンドイッチを作ります。

結構大きめのサンドイッチでしたが、ペロリ。

どこが船酔いする船だー!おかわりしちゃおっかなぁ?とのんびりしていたら、
どうやらO嬢は、気分悪くなっていた模様で、デッキで日に当たりながらじっとしていました。

予定通り、港に戻った後は、送迎の車にてホテルまで。


ホテルのランドリーで洗濯を終えた後、ちょっと休憩してから、ワイレアにあるショッピングセンターに行って、しばしブラブラしてました。

あっ!そうだ。
壊れたスーツケースの後任を探さなくては!

そのままカフルイのマウイ・マーケット・プレイスまで行き、スーツケースを購入。
(ああ、散財!)


ついでに、簡単な夕食を取ろうとフードコートへ。

4店舗くらいあって、どこで買おうかなー?と色々迷っていると、
「L&L」の店員さんが、中華風おかずを色々と試食させてくれたので、こちらで購入。

b0018773_22592434.jpg


2種類のおかずと、炒飯もしくは焼きそばが選べます。

かなりのボリュームなので、コレ一つを二人でシェア。

明日は今日以上に早起きなので、今晩は8時には寝ないと!
って、寝られるのか?そんなに早くに。。。

小学生だって、こんなに早く寝ないよ。
[PR]
by love-andy | 2006-07-02 23:01 | おでかけ
ハワイ回想録その4
マウイ島でとりあえず、「観光客なら一度は寄っといで!」みたいな街、
ラハイナに向かいました。

b0018773_1201716.jpg


ラハイナとは、ハワイ語で「灼熱の太陽」というような意味を持つらしく、
マウイ島でも『暑い』街です。

暑い国にきて、暑い街かぁ。。。

この街は、かつてはハワイの首都として栄え、港は捕鯨船で賑わっていたとのことで、街全体が国立歴史保護地区の指定を受けていて、古い町並みがきちんと保存されています。

そんな史跡と観光客相手のショップやレストラン、ギャラリーが連なるメインストリートは、ゆっくり散策すれば楽しいのでしょうけれど、

なにしろ、暑いんだヨ!

しかも、到着した時間帯のせいか、挑戦的な西日がギラギラ!

b0018773_1204549.jpg


気がついたら、街並の写真もあまり撮っていません。

b0018773_121345.jpg


お店の前には船乗り姿の木像があったり。。。

b0018773_1213414.jpg


いろいろなお店の中には、ペット用のグッズのお店もありました!

b0018773_1215065.jpg


品揃えも結構豊富で、かわいいものが色々ありましたが、なにしろ

価格が東京並み・・・
(ハワイの物価は高い)

うーん。ここでアンディにお土産を買っていくべき?とさんざん迷って、
何も買わず・・・(苦笑)
貧乏なたまぶーの、お財布が堅いのだ!
(今思えば、やはり買っておけばよかったかなぁ~??)

さて、そろそろ夕方。
とはいえ、まだ日は明るいのですが、あちこちのレストランでは、観光客の列がチラホラ出来始めてきました。

海老好きのたまぶー、O嬢の意見が通って有名どころのババ・ガンプ(Bubba Gump Shrimp)へ!
ここは、トム・ハンクスの「フォレスト・ガンプ」の映画がモチーフになっているお店です。
東京のお店にも入った事あるけど、結構お気に入り)

b0018773_1221436.jpg


まずは5年ぶりの再会を祝して、カンパ~イ!

b0018773_122293.jpg


ドリンク類のサイズ、でかっ!

b0018773_1224572.jpg


マウイでは、マウイオニオンが有名です。
早速、オニオンリングをオーダー。
甘くて、おいしいー。

さぁさぁ、エビ祭りだよー。

b0018773_1233721.jpg


バケツの中は、エビのダシたっぷりのブイヤベースみたいなスープにエビがたくさん。
付け合せのライスやフランスパンにつけるとウマウマ。

b0018773_123543.jpg


そしてエビ。

b0018773_1241591.jpg


またエビ。

b0018773_124302.jpg


S氏だけ、何故かサラダ。
えーい!小食のフリするな!!
ここでは、エビ祭りに参加しなければイカンのだ!

b0018773_124529.jpg


・・・もうしばらくは、エビはいいや。という気持ちになります。

b0018773_1251719.jpg


おだやかに夕暮れを迎えるラハイナの海。

お腹イッパイで苦しいけれど、デザートもいっとかなきゃね!
ってことで、

b0018773_1254314.jpg


つぶつぶで有名なディッピンドッツアイスクリーム。

お台場にもあるんだけどね。

さっぱりおいしい~。
でも、後でよーく考えたら、お台場より高かった。税込みで$3.9!
うぬぅ・・・観光地価格か。

あ、お台場も観光地のようなものか。
[PR]
by love-andy | 2006-07-02 12:07 | おでかけ
ハワイ回想録その3
ハワイ便は、東京を夜出発して、朝到着なので、ついた早々にいきなり行動開始です。

日程に余裕のある方や、ハワイ慣れした方々はゆっくりホテルやコンドで休養をとるのでしょうが、短い旅程の我々はそんなヒマもありゃしない。

無事に空港にて、友人との再会を果たした後は、早速レンタカー事務所まで行きました。

マウイ(これから行くハワイ島も)は、車がないと不便なところです。

b0018773_5191322.jpg


レンタカーの前でカッコつけてみるO嬢。
(最初は左ハンドルの感覚に慣れなくて、慎重に運転していましたが、
やがて爆走オンナと化す)

さぁ、たまぶーの命はキミに預けたよ!

b0018773_5194068.jpg


ハワイのナンバープレートはレインボー柄なのが印象的。

そして、空を見上げれば

b0018773_5195871.jpg


数時間前までいた東京の空の色とは全然違います。

ああ、ハワイに来ちゃったんだぁ~。




っていうかさ、暑いよ~!! 

(当たり前だ)

さて、まずはカフルイ空港近くにあるクリスピークリームドーナッツのお店に。

アメリカのドーナッツ屋さんで、ハワイ諸島の中ではマウイにしかありません。

今度、日本にも進出してくるようです。
(お隣の韓国には店舗あり)

色々種類があって、迷っちゃう~。

b0018773_520194.jpg


ここでS嬢のダンナさまのS氏が合流。
(↑ここだけのハナシ、コイツはパっと見が胡散臭い。。5年間の南国暮らしのせいかも知れませんが、国籍不明状態になってた~)

このドーナッツ屋、後でもう一回来ようと思っていて、結局寄れずじまいなのが、
ちょいと心残りです。

その後、荷物を置きに、ひとまずホテルに向かいました。

b0018773_5203866.jpg


お金持ちたちは、島の北のほうの高級ホテルに泊まるのでしょうけど、
我々はビンボーなのでそれ相応クラスで・・・。

なにしろ忙しい日程で、ゆっくり部屋にいるヒマもないくらいなので、
これくらいで丁度良いですね。

個人旅行のハズが団体ツアー旅行より忙しいって感じ・・・(苦笑)

b0018773_521952.jpg


オイラはおうちでノンビリしてましたよ。
ええ、置いてきぼりですとも。
[PR]
by love-andy | 2006-06-29 05:26 | おでかけ
ハワイ回想録その2
ホノルルからアロハ航空に乗り換えて、マウイ島に向かいました。

マウイには友人のS嬢が住んでいるので、一応空港までお迎えに来てくれてるハズ。
で、一体どこだ?と思ったら、

「アロハァ~」

いきなり、片手にレイを持ったサングラスの怪しい女が近づいてきました。

え?アンタ誰?

・・・いや、スマン、友人でした。

b0018773_23312368.jpg

↑早速レイをかけてもらい、浮かれるお調子者2人

うーん。いかにもハワイちっくなお出迎え、ありがとう。

b0018773_23314480.jpg


とても良い香りがしました。


さて、島間の移動の際の荷物についてですが、空港で預けた荷物は必ずしも持ち主が乗っている飛行機に積んでくるとは限りません。

運が悪いと、マウイ島行きのスーツケースがハワイ島にいっちゃうことだってあり得るので、まずは自分の荷物がターンテーブルを無事に回ってくるか、ちょっとドキドキ。

とりあえず、ちゃんと出てきたわけですが、

b0018773_2332612.jpg


なんだい?このよれよれのスーツケースは?
・・・貧乏臭すぎる。

確かにたまぶーのスーツケースは、ボロっちいよ。

今まで何度も修理したし、元は取ったと思えるくらい使ってきました。

どうせなら壊れるまで使い倒そうと思っていたのですが、

どうやら今回の旅行でとうとう壊れちゃいましたよ。

あ、このガムテープは、成田の荷物検査の際に、係のおっちゃんが

「貼っといてあげるね♪」

とつけてくれたものです。

(アメリカ行きの便の機内託送のスーツケースの鍵は、開けたままにしておかなくてはいけないので、ガムテで補強してくれたのだと思いますが、結果的にボロい演出が強調されてますよ)

はやくもこの時点で、ハワイでの自分へのお土産は、新しいスーツケースに決定です。
[PR]
by love-andy | 2006-06-27 23:33 | おでかけ
ハワイ回想録その1
早めにとった短いバケーション、ほんとうにあっという間でした。

そもそもなんでハワイ?になっちゃったかというと、

b0018773_6272089.jpg


俳優の唐沢氏がインスタントコーヒーのCMで出演していたこのシーン。

ひとめ見たときから、

うわぁぁ、こんな所で満天の星が見たい~
(別にここでコーヒーは飲まなくてもいいのだが)




そうだ。ハワイに行こう。(→JRの「京都に行こう」風に)

はい。決定~!!(→すごく単純!)

友人のO嬢を誘って、ハワイ旅行の準備が着々と進められていったのでした。
なにしろ、ハワイは初めてのたまぶーは、おのぼりさん同然の状況ですよ。

だけど、皆がウキウキ行く「オアフ島」はスルーです。
(なにしろ第一の目的はですからね。うふふ)

たいていの方々は、まずオアフ島で遊んで

「次に来るときは、別の島にも行きたいね~」

・・・とかなっちゃうわけですが、そんな入門編のホノルルは

b0018773_6275155.jpg


ホノルル乗換えマウイ行きの飛行機の中から、

「あああ、あそこがホノルル、ワイキキビーチ!」

b0018773_6281056.jpg


「ダイヤモンドヘッドはこのあたり」

以前、オアフ島に行ったことがあるO嬢が
「あのあたりがアラモアナショッピングセンターで・・・」
と教えてくれますが、

・・・いや、あまりに遠すぎてわかんねーよ。

そんな調子でオアフ島観光終了~!(5秒)

かくして、たった5日間のマウイ、ハワイの2島制覇という、怒涛のように忙しいバケーションが始まったのでした。
[PR]
by love-andy | 2006-06-27 06:28 | おでかけ